2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 京都の素敵なCAFEに行きました | トップページ | 初めての沖縄旅行 Vol.2 »

2017年2月25日 (土)

初めての沖縄旅行 Vol.1

日経新聞を取っているが、最近は結構、ツアーの広告が大きく出ている。 多分、我々の年代をターゲットに企画されている様子。
 大きな活字で「沖縄旅行3泊4日ー1人3万円」に釘付けとなった。 まだまだ寒い日が続いている時に・・・にゃんこにとって大いに触手が動いたにゃんcat
 記事と連動しているネットから、都合のよい日と料金を検討し、タイトル通りのぽっきりプランで、早速の申込み手続き・・・ポチimpact
 このツアーは2種類あって、添乗員付きのバスで決められたコースを行く方法と、もう一つは空港でレンタカーを借りて、4日間を自由に旅して、帰りの飛行機の時間に合わせてレンタカーを返す方法が選択出来る。 もちろん選んだのは後者。そのために申し込もうと思ったのだから。 スタートとゴールの空港が京阪神の3空港から選べる。Dsc09140
荷物のことを考えて、空港までは往復を自家用車にしたいので、関西空港に決めた。この空港でのパーキングは民間のものを利用している。日数に関わらず定額なのが嬉しい。
 3泊のホテルは事前に決まっている。そこで、沖縄の地図を購入し、マイコースプランを立てた。 自分達の旅の楽しみ方と沖縄の楽しみ方の作戦会議をシュフ光子と・・・
 これが最初の楽しみになる。Dsc09136
 沖縄は初めての旅であるし、何よりも、戦後すぐに亡くなったにゃんこの父が第二次世界大戦で、出征したのが、当初は満州であったが、終戦間際での本土決戦に備えて、沖縄へ赴任し、玉砕と言われた沖縄戦から幸運にも生きて戻ってきた。 亡き母は「戦死したものと諦めていたところ、戦後半年くらい経って突然に帰って来た」と話してくれていた。
 にゃんこは戦後生まれの団塊の世代だから、父が帰って来なければ、当然にこの世には存在していない。そういう話を幼い時から聞かされていたので、沖縄には複雑な思いを持っていた。 戦時中、父はどんなところで戦っていたのか?そしてどのように帰って来たのか?と思うイメージの一助になると考えていた。 平和だった沖縄が、突然の戦争に巻き込まれ、今はどのように復興しているのか? そして、アメリカの基地としての役割を負っていること。 戦争当時の様子は写真や、「ひめゆりの塔」のようなもので、窺がうしかない。Dsc09138
 しかし感傷的な旅にはしたくないので、シュフ光子と、純粋に寒い季節に、暖かい沖縄をエンジョイしたい。
 まずはどんな服装で行けばいいのかにゃんcatから・・・関空でツアーの手続きをして、搭乗口に行く。ちょっと小さい国内線用のトランスオーシャン航空のジェットに搭乗した。約3時間のフライトで、北海道と東北は寒波に襲われていたが、沖縄方面は天候が安定していたので、快適でした。海外旅行でのフライトは何度かあるけど、国内線は仕事の現役時代に出張で何度か経験しているが、機内サービスは簡素化していることを実感した。飛行機も大衆化し、料金も信じられないほど、安くなっている。3時間のフライトでジュース1杯は現実だにゃんcat サービスを期待するのであれば、クラスを上げることだにゃんcat 空港に着くと、やはり暖かいのは嬉しいにゃんcatDsc09147

« 京都の素敵なCAFEに行きました | トップページ | 初めての沖縄旅行 Vol.2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

沖縄行ってきましたか! 私は国発行の身分証明証(パスポートではありません)なるものを貰い復帰前に一度きり行ってきました。
昭和44.45年ぐらいだったと思います。でも飛行機でした。本島と宮古島でした。6泊ぐらいしたかなぁ?  公費でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/64938609

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての沖縄旅行 Vol.1:

« 京都の素敵なCAFEに行きました | トップページ | 初めての沖縄旅行 Vol.2 »