2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 1 | トップページ | 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 3 »

2017年7月 9日 (日)

中国からの考えもしなかったご招待 Vol 2

この団体は総勢約70名で、まず私たち(飛鳥グループ)は1号車のバスに乗った。北京空港で合流した東京からのメンバーと合流し、協会関係の方も同乗となって出発しました。
まず、最初に向かった先は是非に行って見たかった。「万里の長城」で、北京から高速道路で、北に向かう。周りの風景は森林になって行って、1時間余りで現地の到着した。そこではもう1台のバス、2号車が先に到着していて、全メンバーが合流となった。2_2
スケジュールが押しているので、1時間フリータイムで、どうしよう? 取り合えず、出来るだけ上って行きたい。 でも、シュフ光子はにゃんこの体調を心配しながら、このパーキング付近にいると・・・ではにゃんこが単独で行動することにして、カメラを提げて、滞在時間も考えて、最も近い石段を上がることにした。

 長城のスケールは想像以上で、周囲の山全体の尾根に連なっているようだ。何千年も掛けて造られたとのことだが、その必要性は中国の歴史を詳しく知らないと理解出来ない。出来たものを歩くだけで、大変だにゃんcat 途中で、何度も休憩しながらのチャレンジで、兎に角、時間内に行けるだけ行きたいと進んだ。3_2

 上がる石段も、上がる人のために考慮されたものではない。かなりの急角度の石段だが、段のリーチがバラバラで、リズミカルには上がれない。一段一段の高さを目測しながら進むしかない。 上がっている人達は人種が違ったり、年齢も広範囲で、女性も男子に劣らず元気そうだにゃんcat  にゃんこは若い(精神的に)つもりで上がって行くが、同年齢と思しき人から・・・頑張っているなあという目で見られて・・・やっぱり、にゃんこも年寄りか?

 もう一度、ここに来れるチャンスはあるか?と考えたら・・・多分、難しい。 この感動は出来るだけ、いい写真で残したい。 同メンバーとも、少しの会話を交わしただけで、写真に集中した。

 もうこれ以上は時間的にも、また旅が始まったばかりで、シュフ光子やお世話頂いている協会の方々にも迷惑を掛けれられないと、引き返すことにした。降りて、バスでの時間はぎりぎりだった。

ちょっとスタートから頑張りすぎたかにゃあcat

 バスは北京市内に向かって、元の道を戻った。そして、市内の旧市街の雰囲気が残るレストランに着いたのは5時過ぎだった。旧市街なので、道路幅が狭いが、バスは止められた。 駐車のルールというよりは通過する車の幅があれば問題ないという感じらしい。4_2

やはり、ここは中国だから、レストランも中華風で、中国では初めての本格的な食事になりそうだにゃんcat どんなメニューかにゃあcat テーブルは円卓で、例のくるくる回るもの。5_2

 真ん中にビール等の飲み物が置かれていて、席に着くと、順番に大皿に乗った料理が運ばれてくる。 1テーブル10名くらいの席で、席毎に小皿と小鉢とグラスが1つずつ置かれている。料理は10人分としての量が来ると判断して、各々が小皿に取った。

各料理のメニューはなく、説明もないので、来た料理を1人分取って、食べてみるしかない。横でシュフ光子が食材の判断をして貰うしかない。味はまず口に入れるしかない。日本料理のように食材の味そのものを楽しむのではなく、色んな調味料をふんだんに使われていて、にゃんこにとっては相対的には辛い。 中には唐辛子も結構使われていて、口の中が痺れたりして、次の料理を頂くのに、仕切り直す時間がいるにゃんcat

ビール(日本のビールに比べてアルコール度は半分くらい)で、口直しをしながら、初料理にチャレンジ。たまには口に合うものも有って嬉しい。 6a  

贅沢を言うようだけど、この料理って、豪華なフルコースなんだろうにゃあcat 1時間半くらいの初北京料理を楽しんだ。7_2  時間も日暮れに向かっていて、北京の中心街と思われる高層の建物の景色を見ながら、本日と明日の2泊するホテル(長富宮飯店ーホテルニューオオタニ系列)に到着した。そして早速、チェックインをして、決められた部屋に入った。

やっと、シュフ光子と二人きりになれて、ほっと落ち着く。早速、バスにお湯を張って、疲れを取ることにした。ゆったりとしたスペシャルツインで、バスとシャワールームが別になっていて、嬉しいことにトイレは日本製のウォシュレットだにゃんcat8_2

 室内のテレビをつけてみたが、中国語の放送ばかりでオーマイガー!!

フロントで貰った英字新聞を見るか、持ってきた本を読むしかない。でもフロントはさすがで、日本語対応のスタッフが居てくれて、まずフロントに電話すると、中国語で応対、そしてアイムジャパニーズというと、日本語のスタッフに代わってくれる。シュフ光子がロックアイスを頼むと通じたにゃん。そして部屋まで持って来てくれた。

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 1 | トップページ | 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

へぇぇ中国旅行でしたか!! 万里の長城はスケールが大きいですね。私はもうだいぶ前に行きました、その日は夏休みの日曜日で道路がめちゃ混み時間が掛かり現地もいっぱいの人でした、階段は確かに不規則で石でしたね。 中華料理はいかがでしたか? 次のレポート楽しみにしています。 ワンタンの専門料理店が印象に残ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/65514198

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 2:

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 1 | トップページ | 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 3 »