2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 4 | トップページ | 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 6 »

2017年7月30日 (日)

中国からの考えもしなかったご招待 Vol 5

ホテルでの朝食はビュッフェ方式で、早い時間帯で目覚めたので、6時にレストランへ行く。Photo_5 四川・成都でも、朝食のMENUは興味があった。 というのも、野菜をたっぷり食べたい。そして、普段のように調理がしていなくてサラダとして食べたい。 というのも中国での料理では生野菜はほとんど出て来ないのだにゃんcat  やはり水の問題か? 唯一、自分たちでセレクト出来る、ホテルのビュッフェでの朝食は有難いにゃんcat  Photo_6
9時スタートで予定では「武候祠」(ぶこうし)へ行く。 この成都という地は2,300年の歴史を持つ蜀の都でもあった古都です。 (飛鳥は1,400年) 武候とは劉備に仕えた名軍師「諸葛孔明」のこととのこと。 この辺の事は詳しい方がおられるので下手な説明は致しません。 Photo_7

ここへ行って、思ったことは「三国志」に興味を持っていなかったことを後悔したにゃんcat だって、説明してあっても、何も分からないにゃんcat ただここに現存する建物は清の時代に再建されたもので、中国の歴史的建造物の美しさは撮影の対象としてはうってつけ。楽しむことが出来ました。隣接した「錦里」では少しの自由時間を貰って、敷地内を散策した。中国風のマルシェがあって、土産物の販売やB級グルメのお店がたくさん有った。時間制限の中で、出来るだけ回って、シュフ光子はB級グルメの研究に勤しんでいた。(だって、私たちはレストラン料理ばかりを頂いていたので)

次に向かったのは昼食のレストランで、ここでも立派な四川料理をコースで頂いた。1 詳しく説明出来ませんが、料理の画像をご参照下さい。食材の味を頂くのではなくて、いろんな調味料を使って、煮る焼く炒める等で手間を掛けたお料理ばかりが出てきました。にゃんこにとっては辛いのが、少しつらかったにゃんcat

食後はバスで郊外に向かって、1時間ほど移動すると、目的地である「四川師範大学」に到着。A  歓迎のために、女学生2名がバスに乗車し、この広いキャンパスを大型バスで移動しながら、案内して貰った。日本でもこんなに広大なキャンパスの大学はお目に掛かったことがない。学生総数は約40,000人で教員・スタッフは3,000人とのことでした。 キャンパス内には陸上競技場がサッカー場と兼ねてスタンド付きであった。そして広大な国土からの学生が学ぶためにも、キャンパス内に男女別の大きな寮が設けられている。それはまるでマンションだにゃあcat バスは図書館の前に止まって、歓迎のセレモニー会場への案内はボランティアの女学生が1人に1人随行してのおもてなし。 すべての女学生は日本語専攻コースの人達なので、ほとんど会話に困ることがない。まずはメイン広場にて、大学の学長はじめ日中友好関係の方々も同席されて、メインの歓迎セレモニー。A_2

その後、大学の歴史や役割が分かる広報エリアに案内されて、ここでも日本語の分かる学生が随行してくれて、質問に対応してくれました。次には図書館の近くにあるレストランスペースで、今度は学生達との歓迎パーティ会場へ移動。まずは日本の食べ物(寿司や饅頭等)を我々と学生達でいっしょに作るという催しがあって、和やかな雰囲気で行われた。そして次のセレモニーとして舞台の前に席が準備されて、学生による中国の舞や歌が披露され、返礼に我々も歌等を披露しあった。

心の籠った歓迎を受けて、ほぼ半日を過ごし、盛大なお見送りを受けて、大学を後にして、宿泊のホテルに戻った。 そして部屋に戻る間もなく、セレモニー用の服装に着替えて、メインダイニングに集合すると、そこでは四川省での歓迎レセプションが準備されて、指定された席に着いた。Photo_10 そこには四川師範大学の日本語専攻の学生3名が同席となっていました。四川省の日中友好協会主催でご挨拶が有って、その後、学生達や我々の歌を壇上で披露し合って、盛り上がりました。席では和やかに食事や会話、そして写真を撮りながら、約2時間の歓迎レセプションはお開きとなりました。時間は午後10時近くになっていました。公式行事が続く中で、少しのフリータイムが欲しい。食事後はせっかくの四川に来たのだから、ここの有名なお茶をお土産にしたいにゃあcatとホテルの周辺で、時間は10時前でしたが、開いているお茶屋さんがあったので、リーズナブルそうなお店にまず飛び込んだ。 しかし言語の障害があったが、何とか希望に添えるお茶を購入できた。 そして、近くには高級そうなお店を見つけて、思い切って飛び込んだ。ここでは出来るだけ高級なお茶を手に入れたい。 話を聞くと、ピンからキリらしい。そこで大体の予算を伝えて、ここでは試飲ができるとのこと。さすがの高級茶は一度に何煎も出せるので、店主が親切で、納得行くまで入れて貰った。重ねる毎にお茶の後味が甘くなるという不思議な味覚。7煎まで入れて貰っても飲むことができたにゃんcat そこで購入を決めて、値段交渉をすると、上手く通じなかったが、娘さんが英語の分かる方で、伝えて貰い、2割のディスカウントに成功。 こちらからもお礼を言って失礼しようとしたら、同じツアーの女性グループが入れ替わりに来られた。バトンタッチをして、ホテルへ戻った。

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 4 | トップページ | 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 6 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すこ゜い!! 歓迎振りですね! ずいぶん肥えて帰ってきたでしょうね・・・・・・。 広大な大学敷地考えられなぁぁぁぁい。 もう忘れてしまいましたが西安の近くだったと思いますがお寺へ行きましたがここも広大な敷地で連結カートに乗って移動しました。

このブログではまだまだ続きますが、本当にこころを尽くしたおもてなしを受けました。
この感激を忘れずに、市民レベルの交流にて、中国との橋渡しに少しでも役立てるように努めたいと思います。 特に若い人たちが中日・日中関係に積極的に関われるような環境つくりの片棒を担げればいいかにゃあcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/65580771

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 5:

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 4 | トップページ | 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 6 »