2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 今までと違った金沢の楽しみ方 Vol 2 | トップページ | 「あすかの食卓」は例年のように夏休みに入っています »

2017年8月11日 (金)

今までと違った金沢の楽しみ方 Vol 3

2泊目の朝を迎えました。
シュフ光子はすっかり元気になった様子だにゃんcat
まず朝食に1Fレストランへ行き、新しい一日が始まるのだにゃんcat 今日はいつものようにメニュー研究のために、多くの料理を選んで来た。 テーブルは一杯になっていたにゃんcatPhoto

午前中は金沢で楽しい時間を過ごし、午後からは帰路に着くことにしています。

金沢城跡、兼六園、金沢21世紀美術館も申し訳ないけど今回はパスだにゃんcat

シュフ光子が外せないのは「近江町市場」だにゃんcat 

チェックアウトと同時に車をパーキングから出庫した。本当にお世話になった。パーキング係の年配の男性がなかなか親切で、途中で荷物を取りに入った時も嫌な顔をせずに対応して下さった。出庫の時も行先を聞いてくれて出方を教えて貰った。ホテルの前の道路は車の量が半端ではない。そして、道路までに広い歩道があって、歩行者の通行も多い。出るのに苦労するかにゃあcatと思ったが、お陰様でスムーズだった。左折が普通だが、兼六園沿いの道に出るので、右折が希望なので、信号のタイミングを教えて貰った。R0011777

なぜ、兼六園への通りかと言えば、5年前に伺ったJAZZ喫茶「BOKUNEN」が気になっていた。狭い前の道に車を止めて、入口が分かり難いお店で、覗きに行くと開店前の準備をされていたが、おお~頑張ってくれていた。 今回はシュフ光子の体調から行けなかったけど、マスターに「また来るわ!」って伝えて失礼した。 その流れで、すぐ近くにある近江町市場に近い駐車場に車を入れた。市場の駐車場が有るのだけど、狭い立体駐車場なのが、少し嫌だった。少し歩くことになるけど、急ぐ旅でもない。 8月は営業をしないので、店用の食材を買う予定はないし、この時期の魚の種類は多くなくて、そして蟹もシーズンオフで寂しい。唯一、観光客向けに「海鮮丼」の店だけが順番待ちの列が出来ていて賑わっていた。観光客と見ると呼び込みがあるが、私たちは観光客のつもりがなくて、変わった食材があれば?という感じで一周したにゃんcat

次にはシュフ光子のリクエストで、近くで気になっているお花屋さんへ行きたいと・・・

正確な名前を憶えていなかったので、スマホで検索を掛けて、見つけたのは「花のあとりえ こすもす」だにゃんcat  住所で、安江町にナビを設定して向かった。 すぐ分かった。 古い建物で元薬局の後を借りておられる。Photo_2

ところが行って見ると調査不足だったにゃんcat 私たちと同じように夏休みになっていたのだ。偶然にも同じ8月末までとなっていた。 ネットでチェックすると、北海道へ行っておられるようで、北の大地にゆかりのある陶芸家さんとのコラボらしい。 私たちが親しくさせて頂いているお花屋さん「K's クラブ」さんと似てるにゃあcat

仕方なく、外観の写真を勝手に撮らせて貰って、失礼した。

http://www.tokusen-net.jp/k_machiya/cosmos.html

そして、名残の「ひがし茶屋街」へもう一度行き、御用達のアンティーク屋「あいおい」さんが少し離れたところに、2店目をOPENされていたのを聞いていたので、そちらを覗かせて貰った。 定員さんもたくさん居られて、少し高級なイメージになっていた。シュフ光子は「あいおい」の方が好みだと言っていたにゃんcatPhoto_3

小一時間過ごして、金沢を後に、帰路に着いた。往復で約600kmの旅でした。

まだまだ金沢は奥深いので、極、一部しか見てないが、また次の楽しみとしたいにゃあcat

昔に城下町や都があった京都、金沢、仙台、岐阜や他、文化度の高いところは、巡ると本当に楽しいにゃんcat ツーリストが勧める観光(どの本を見ても同じ)ではなく、自分の五感を信じて、自分好みの旅を見つけたいにゃんcat

シュフ光子は次は是非「花のアトリエ こすもす」さんの泉さんに会いたいと言っておりました。全国の頑張っている素敵なお花屋さん探しを始めるらしい。 どこまで、この老にゃんこが付き合えるかわからないにゃんcat

« 今までと違った金沢の楽しみ方 Vol 2 | トップページ | 「あすかの食卓」は例年のように夏休みに入っています »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

元気な様子でご帰宅良うございました。蒸し暑い飛鳥ですがゆっくり休んで下さい。今度は新しい気づきを求めて走って下さい。楽しい紀行でした。 中国に続いて金沢次は何処ですか?

丁寧なコメントをありがとうございます。
いつまで書けるのかにゃあcatと思いながら・・・
こうして励まして頂けることが続いているエネルギーとなっていることは間違いありません。
次は何を書くんでしょうか? 分かりませんが・・・
何か書きたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/65643517

この記事へのトラックバック一覧です: 今までと違った金沢の楽しみ方 Vol 3:

« 今までと違った金沢の楽しみ方 Vol 2 | トップページ | 「あすかの食卓」は例年のように夏休みに入っています »