2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 7 | トップページ | 今までと違った金沢の楽しみ方 vol 1 »

2017年8月 3日 (木)

中国からの考えもしなかったご招待 Vol 8

いよいよ帰国の日となりました。Photo_2
上海でお世話になったホテルは大きくないけど、ちょっとレトロぽい清潔なホテルはタイプです。 1泊でしたが、もう少し止まっていたかった(?)にゃあcat Dsc05179

早朝には東京グループが先発で帰国になるので、お見送りのため1階のホールへ降りていくと、皆さんはバスに荷物を運び込み乗車されているところでした。最後に今回のツアーの団長さんが乗り込まれるところで、お見送りの皆さんと握手の上乗車された。 バスが見えなくなるまでお見送りを致しました。Photo

私たちは9時出発になるので、まず、レストランへ行き、朝食を頂いた。中国では最後の食事になりました。 この旅では本当に中国料理を堪能させて頂いたにゃあcat

帰国準備があるので、部屋に戻り、忘れ物のないようにバッグに詰め込んだ。幸い、お土産を買う時間もなかったので、重量も超えないで済んだ。出発時間が迫って、ホールに下りて、バスに乗り込んだ。空港の出発予定時間は12時なので、約1時間掛かって、空港に向かった。バスから見える景色はビル群から住宅地や工場など、整備された自動車道で、徐々に渋滞を抜け出して郊外の景色が変わりだすと、もう空港は近い。Photo_4

空港の建物も見えて、いよいよ中国の旅も終焉に近くなった。国際線のターミナル入口に到着し、バスか下ろして貰った荷物を受け取り、まず、ターミナル入口で、制服を着た空港スタッフから目視でのチェックを受け、搭乗手続きに向かう。 一人ずつパスポートで確認と荷物を預け、チケットを受け取った。席が並んで座れなくて、窓際の席で前後に座ることになった。 写真が撮りやすいので、まあいいっか!!

もう何度も中国では入国審査や荷物のチェックも経験したので、スムーズに進んだ。

しかし、搭乗予定の飛行機の時間が1時間ほど遅れる。待っている間に、コーヒーでも、と思ったが、売っていない。中国の人達はコーヒーをあまり飲まないようだにゃんcat

仕方なく、炭酸系飲料で辛抱して、時間を潰した。搭乗案内があって、やっと飛行機に乗り込んでも、なかなかテイクオフをしない。 管制塔からの順番待ちとのこと。Photo_5

そんなに混んでいるんだ。大きな空港なので、扱っている便数は半端ではないのだにゃんcat

いよいよ無事にテイクオフをして、上空からの景色はあっという間に海しか見えない状況になった。 お世話になった中国大陸とはあっという間のお別れになった。 思い返せば中国は大きな国だったなあ。すべてを見たわけではないが、その一部でも感じることが出来た。これからもこの国からたくさんの学生・生徒が来るんだろうにゃあcat

会話をしても、少しは中国のことを理解したので、話題は広がることになるでしょう。

上海から関空までは非常に近そうだ。 少しすると長崎の五島列島が高度9000mから眼下に見えだした。そして、九州を横断し、瀬戸内海に入った。気が付くと淡路島が眼下にあって、まもなく着陸だ。空港上空を旋回することなく、あっさり着陸態勢に入って、滑走路に車輪が着いて、無事に日本へ戻ったという実感が湧いてきた。関西空港ではモタモタすることもなく、同行の皆さんとターンテーブルで荷物を受け取り、事前にチャーターして頂いたバスまで荷物を運んで、乗車すると、飛鳥まで、約1時間で帰り着いた。Photo_7

拙宅までの道は、今、電柱の地中化工事で荒れまくっていて、最後の最後が少し苦労だったか。 

7泊8日の中国の旅は長いようで、短く感じました。でも、普段の自宅に無事に戻ってほっとした。 

そして、長旅から戻って、最初に食べた日本食はにゃんこの希望通り、シュフ光子が早速に作ってくれた。 うれしかったにゃんcat やっぱり日本人(?)だにゃあcat

持ち帰った土産は四川の中日友好協会から記念に頂いた「パンダ」のぬいぐるみと四川のイトウヨウカドウで買った枇杷ハチミツ(22元)と大量のデジカメ画像になったにゃんcat

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 7 | トップページ | 今までと違った金沢の楽しみ方 vol 1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

無事元気でご帰還良かったですね。 お土産の心配をしなくていいのはほんま助かりますねぇ。 日本食卵焼きに味噌汁ウナギ蒲焼き。 美味しかったでしょう!! 又写真見に行きます。 

無事元気でご帰還良かったですね。 お土産の心配をしなくていいのはほんま助かりますねぇ。 日本食卵焼きに味噌汁ウナギ蒲焼き。 美味しかったでしょう!! 又写真見に行きます。 

一週間という長い期間、日本食を食べなかったのは初めてでした。忘れかけていた味を思い出しました。やっぱり日本人(?)だにゃあcat と実感。 民族の違いは味覚でも違う元はDNA?の違い。いや神がそのようにしたんだにゃあcat 70億が同じ食べ物を求めたら・・・どうなるか?分かっているんだにゃあcat
シュフ光子の卵焼きと鰻丼、そして味噌汁は最高だにゃんcat
また、他の写真も見に来て下さいにゃんcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/65615108

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 8:

« 中国からの考えもしなかったご招待 Vol 7 | トップページ | 今までと違った金沢の楽しみ方 vol 1 »