2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月 5日 (日)

庭の木々が紅葉真っ盛り

この季節、にゃんことシュフ光子は大好きだにゃんcatDsc09250

まず、蚊が居なくなるというのはシュフ光子にとっては最高らしい。 庭のお花いじりが好きなのに、蚊に好かれているのが困っているので・・・
にゃんこの血は美味しくないらしく、シュフ光子に比べて、寄って来ない。 蚊にも嫌われにゃんこなのだにゃんcat
Cafeの周辺は静かなので、落ち葉の落ちる音が聞こえる。 美味しいお茶を飲みながら、本を読む時、聞こえるのは落ち葉の音のみって、・・・・・秋そのものの中に入るっていう風情。Dsc09186_4

でも、そんなことばかりは言っていられない。
敷地内だけではなく、周辺にも飛んでいくので、やはりご近所にも気を遣うにゃんcat
出来るだけ、毎日、落ち葉を掃いている。
その行為は決して嫌じゃない。
にゃんこは秋の風情を楽しむ一つとしている。
だから、嫌われ落ち葉は、にゃんこは大好きだにゃんcat
夏は涼しくしてくれたり、鳥を育ててくれたり、この落葉樹は季節を楽しませてくれるのが、何よりだにゃんcat

落ちている様子も大好きだにゃんcatDsc09220
こんな時に、JAZZの「AUTUMN LEAVES」を聴きながら

のんびりと京都旅

久しぶりにお休みを頂いて、のんびりと過ごしたいにゃあcat
日帰りのコースを検討したのですが、この時期は案外とエアポケットになっているか?
と判断し、観光客の少ない時期が難しいけど、京都をチョイスした。
紅葉シーズンには少し早いこと、平日、そして天気があまり良くないと・・・
果たして、のんびり旅になるか?
京都市内に入っても車は空いていた。東山通りを北上し、祇園で左折した。四条通りも予想に反して空いていた。
のんびり旅は車を置いて散策中心にしたい。 祇園近辺でパーキングは大丈夫か?と探すと、いつもの一日定額で止め放題のパーキングは近隣のリフォーム工事のため、借り上げになってしまっていた。残念だにゃんcat
でもめげないで、三条まで行くと、大きなパーキングが空いていた。 ここも平日は一日止め放題で定額なのだにゃんcatA_201710
まずはランチの場所は、最近でお決まりの「パス・ザ・バトン」へ・・・
入って行くと、ランチMENUが消えていた。
お気に入りだったのに、止めたらあかんでしょう! 早速、シュフ光子が「何で止めるの?」
「オーナーに言っといて!」 コンセプトが素晴らしいCafeなので、応援のつもりで・・・
祇園のお茶屋さんのある通りを歩くと、静かな通りなのに、突然、脚立を提げて、カメラをぶら下げたオジサン達が、通りにドタドタと入ってきて、避けろ!避けろ!って・・・・・
と、あるお茶屋さんから舞妓さんが出て来て・・・カメラで囲んでシャッターを切っていた。
のんびり旅でなかったら・・・ちょっと待っていてにゃんcat と走り出したかも・・・
無視して、有名な骨董屋さんに入った。 ここはシュフ光子がお気に入りで、いつもは外で待っているが、今日は一緒に入った。狭いお店だけど、どっちを向いても器だらけ。鞄を提げて動くのは危険だにゃんcat 店の女性に預けて見ることにした。シュフ光子が大好きな小さな器を中心に・・・  シュフ光子は「可愛い」「可愛い」の連発。

でも、買いたいと行動するまでは行かなかったらしい。 少し居て失礼した。あまりの迫力に・・・「一枚、写真撮っていいですか?」「どうぞ!」と了解を得て、一枚パッチりにゃんcat

三条通りで、高瀬川まで来た。 一年ほど前に話題になった、安藤さん設計のお店「アボガド」をバックに写真を1枚。 三条通りでのCafeを探したが、結構、消えていた。観光都市・京都でもCafeの経営は難しいようだにゃんcat

諦めて、「錦市場」へ向かった。201710

相変わらず、歩き食べのインバウンドで賑わっていた。

この時間なので、シュフ光子によって見つけられたが、シャッターを下ろされると、その面には若冲の絵が描かれているのに気付いた。 開店時には気付かない仕組みだにゃんcat

夜に来て良かったにゃんcat でもシュフ光子お気に入りの「有次」さんは閉まっていた。

錦天満宮にお参りして、いつも行く、とんかつ屋さんで、いつものコースを食べたにゃんcat

せっかく、スリムになろうと、歩き旅をしたつもりが、お腹いっぱいになって・・・帰ろっと

201710_2

狭い通りにある旅館で、気になる光景が見られた。

私たちが受けている教育民泊で、日本の中学生での修学旅行で関東からのコースでは明日香に一泊、そして京都に一泊というパターンが多いのです。 中学生が旅館の玄関でチェックインの様子が見られた。

こんな風に京都では宿泊するんやにゃあcat

そう言えば、12月には東海地方の中学生が私たちの家に民泊の予定が入っていたにゃんcat

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »