2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 年末が迫った時期に名古屋へ | トップページ | いよいよ2017年も後、数時間で終わります »

2017年12月31日 (日)

名古屋での翌日はにゃんこの世界へ

9時過ぎにホテルのチェックアウトをした。
シュフ光子は昨夜の布施明コンサートの余韻を引き摺っているにゃんcat
この日の予定はにゃんこの世界へ付き合って貰うことになっていた。Dsc08747_2
行先の大須観音は栄から近いところにある。 にゃんこにとって随分と久しぶりで行くことになっていた。
本来ならマイカーで移動したいのですが、前のブログで記した事情により、仕方なく地下鉄で伏見駅乗り換えで大須観音駅まで2つ目の駅なのだにゃんcat
事前の調査が出来ていなかったのだが、観音様の境内に入ると、えらい賑やか。
どうやら縁日が行われている様子だにゃんcat 京都の東寺、「しまい弘法」のようなものかにゃあcat
フリーマーケット的な出店もいたが、ほとんどは骨董の業者で占められている。
にゃんこが望んだ大須観音も、シュフ光子にも楽しんで貰えるような状況になって、よかったにゃんcat Dsc08752
早速、縁日での掘り出しに動き出した。焼物や塗り物を中心に、和裂等がシュフ光子の世界で、にゃんこは古いカメラや時計とラジオ、そして工具類に興味がある。
でも大半はシュフ光子の世界で占められていた。
「真空管のラジオ(ST管)が4,500円のものが3,000円でいいよ」と声を掛けられたが、今の体調と運ぶ手段がないので、遠慮したにゃんcat

 縁日も面白いが、せっかくの大須観音へ来たのだから、まずはお参りでしょう。片足が麻痺のにゃんこには少し辛いが、急な階段を上がる本堂に向かって、きっちりとお参りを済ませました。Dsc08753

 昼頃になって、どこでランチを?と考えたが・・・スマホで検索しても、これという店は見つからない。この大須周辺の商店街は10通りくらい有って、多くはB級グルメで占められている。なのであまり期待しないで、適当に感で選ぶしかない。 寒かったので、うどんを食べることに決めたにゃんcat

 さて、にゃんこがどうしても行きたい通りは「赤門通り」

 ここにはアンティークのオーディオ専門店が数店と電気系パーツ店が集まっている。Dsc08774

そこでにゃんこが遊んでいる間は、シュフ光子には「HOSHINO COFFEE」にて待って貰っていた。 最近は日本橋へもなかなか行けず困っていたが、欲しかった部品が上手く入手出来た。アンティークオーディオ店では、既に年末休業に入っていたところもあったが、営業している店に入ると程度の良い商品が扱われていたけど、価格もしっかりしていて、にゃんこが認識している価格の2倍ほどの値付けがされていた。簡単には手が出ないにゃんcat

放し飼いにして貰って、堪能したにゃんcat  

 Dsc08759 そろそろ、帰りに向かうことにして、縁日でチェックしていた店に戻り、シュフ光子が値段交渉に成功した焼物を買って、名古屋駅に戻るために地下鉄駅に行き、チケットを買ってホームに行くと、なかなか電車が来ない。 すると案内板でインフラのトラブルがあって、何時復旧するか分からないとのこと。切符を買う前にインフォメーションして欲しいにゃんcat

こんなのに付き合ってはいられないにゃんcat 切符の払い戻しを受けて、タクシーで名古屋駅に戻り、近鉄特急で帰路に着き、大和八木駅には6時半に到着したにゃんcat

 

« 年末が迫った時期に名古屋へ | トップページ | いよいよ2017年も後、数時間で終わります »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

真空管ラジオ ね! 家に玉は何本かあるが本体は無い、ミニチュア管だけどね。自作の真空管アンプは行方不明。 名古屋は近鉄がいいですね。

ラジオのデザインが良くなかったので、思い留まったにゃんcat
部品が揃っていたし、安かったので、体力があれば、部品取りで持ち帰ることも考えましたが、諦めたにゃんcat
自作のアンプは残っていませんが、高一のラジオだけが残っています。分離は悪いけど音が良いので気に入っています。
自作のアンプが見つかったら聴かせて欲しいにゃんcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/66225193

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋での翌日はにゃんこの世界へ:

« 年末が迫った時期に名古屋へ | トップページ | いよいよ2017年も後、数時間で終わります »