2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 桜はもう見れないか? と思っていたが・・・ | トップページ | 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 2 »

2018年5月31日 (木)

久しぶりの信州へ・・・ Vol. 1

いつもの食材調達での信州行きは季節的に秋が中心になっています。
今回は珍しく、ゴールデンウィーク過ぎに出掛けました。近々に、テレビ局から取材を受けて、6chの「キャスト」という番組に出てしまった。今までは出来るだけテレビや雑誌の取材はお断りしていたが・・・その影響もあって、電話でのお問い合わせやご予約で、急に忙しくなってしまったことで、仕事の隙間を何とか確保して、休みを取りました。 当初は3泊4日を計画したのですが、直前に予期せぬことがあって、2泊3日に変更となりました。
 信州行はいつもは岐阜でワンポイント宿泊し、無理をしない行程で向かうのですが、カットしたので、直接、信州・小諸まで直行となりました。Dsc09999
 午前10時頃に飛鳥を出発して、名阪道~東名阪~名神~中央道~長野道~上信越道と一気の走行となりました。今は工事区間が結構ありました。
最初の休憩はいつもの御在所SA.で、必ず、「赤福もち」を旅のお供にする。 そして、今回は「赤福氷」があって、嬉しいにゃんcat 早速、一人前を二人で頂いた。 半分っこするのが、ちょうどいい。一息、入れて、中央道の駒ケ岳SAまで走行して、コンビニのコーヒーとスィーツで、2回目の休憩。 木曽駒ケ岳がまだ冠雪していて、それを見ると、信州に来たにゃあcatと実感する。 後は小諸まで一気に走った。全行程を通じて、道路は空いていた。
慌てることなく、夜の8時には小諸のビジネスホテルに到着。
フロント係が心使いの出来る方でした。 駐車を玄関脇に許可して貰ってラッキー。積んでいるバッグを運ぶだけでも場合によっては苦労する。 特に、後期高齢にゃんこ?に近くなると・・・
ホテルは旧式のタイプだったけど、掃除等は行き届いていて、ほっとした。
このホテルを選んだもう一つの理由は温泉の大浴場があること。部屋のバスと、では疲れの取れ方が全然違うのだにゃんcatDsc09573
 遅い到着なので、ホテルに着く直前に、長野に沢山あるスーパー「デリシア」で食べ物と飲み物を買って、フロントへアイスの入手方法を聞くと、レストランの営業が終わっているとのことだったが、部屋までフロント係の方がお持ち頂いた。  同年代位の男性だったが、細かい心遣いがあって、頑張って居られる姿は嬉しかったにゃんcat
 朝、目覚めて気付いたのだけど、外の景色は大きな森が見える。 そうだ・・・懐古園(小諸城祉)の近くにホテルがあったのだ。 そして、小諸駅近にあったのだ。
夜に着いたので、ホテル周辺の様子が分からなかったが・・・
7時過ぎにホテルの朝食はビュッフェ形式で、和食をチョイス。長野のお米は美味しかった。 奈良県と同じ海のない県だけど、この北部は日本海の新潟に近い。魚系のおかずもなかなか美味しく、お米の味を引き立てた。9時前にチェックアウト。
最初の目的地はシュフ光子希望で、今回の旅のメインイベント。上田市にある「バリューブックス」Dsc09588
 最初、気付かなかったが、欲しい本をアマゾンで探していたら、中古本としてヒットした。そこで購入手続きを取ると、出品先がバリューブックスだったにゃんcat
ナビでチェックした場所が、その本家本元だったにゃんcat
 外からの様子では事務棟と倉庫らしき建物のみです。 どうしようか?と迷っていると、スタッフらしき若い女性が通り掛かり、聞いてみた。 シュフ光子が考えていたブックCafeはここではなかった。ここから車で10分ほどのところに「books & cafe NABO」を教えて貰った。
 普通の住宅密集地の中に存在していた。ナビによるピンポイントで行くしかないか?パーキングが狭いので苦労したが、やっとメインイベントの場所に来れました。古民家を改修して、入口周りはシャビーシックな感じ。入ってスグに足元に5つの木箱に入った100円本が置かれていて、「バリュブックス」らしい。Nabo_1
Cafeの扉を開けると、正面に大きなサービスカウンターが置かれていて、同じタイミングで入って来られた軽井沢のパン屋さんがカウンター上のショーケースに、早速、並べられていた。ドイツ系の美味しそうなパンで、これとコーヒーを頂きたいにゃあcat
係の女性が「奥や二階には小さなテーブルですが空いています」 私たちは広いテーブルが欲しいので、手前のテーブルに了解を得て、席を確保。ここだったらパンを目の前にして選べる。本は奥や2階へ取りに行けばいい。
にゃんこは本を見るよりも、ブログ用の写真撮影に専念。(勿論、係の女性に許可を得て・・・プライバシーにご配慮下されば、とのことで)
おお・・・Cafeスペースのセンターの棚には真空管アンプが鎮座。少しのPOP系のCDが置かれていた。 奥の広いテーブル席ではオーナーが取材を受けている最中で、邪魔にならないように2階へも上がって、撮影をした。全国から集まった中古本からセレクトして、多くの書棚に置かれている。分野毎に配置されて、選書のセンスがいい。シュフ光子好みで、にゃんこにもお気に入りがあるにゃんcat Nabo_2 全国チェーンの「・・・ OFF」とは異なる、厳選された本なので嬉しいにゃんcat  現代版の古書店かな? 黴臭くなくて、おしゃれなセンスで、Cafeの匂いが、シュフ光子のお気に入り。 私たちも後期高齢になる将来は、このようなBOOK Cafeをしたいと思っている。 にゃんこのアンティークなオーディオ機器とJAZZ、シュフ光子の料理本を棚一杯にして、好きなTeaとCoffeeの香りを楽しみながら、ケーキやクッキーを焼いて・・・な~あんてネ。
今回の「NABO」さんを見せて貰って・・・NEXTが少し見えたかにゃcat
2時間ほど滞在して、お昼ごはんは、折角ここまで来たので、少し遠いけど、小布施にある「小布施堂」さんの土井善晴先生監修のランチまでレッツゴー

« 桜はもう見れないか? と思っていたが・・・ | トップページ | 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

久しぶりだニャン! 健在健在! 続きがありそうで楽しみ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/66768491

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 1:

« 桜はもう見れないか? と思っていたが・・・ | トップページ | 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 2 »