2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 1 | トップページ | 「広重ー雨、雪、夜」展に行きました。 »

2018年6月 1日 (金)

久しぶりの信州へ・・・ Vol. 2

今日のランチは長野の北の端、少し走れば新潟なのだにゃんcat
ランチタイムを考えて、上越道を使って小布施へ直行。
にゃんこ憧れの葛飾北斎ゆかりの地で秋は栗菓子と栗ご飯が美味しい。この季節はリンゴもないし、観光客も少ないが、シュフ光子がお気に入りの小布施堂のお昼ごはんを頂くだけで、60kmも余分に走らせるは如何なものか?にゃんcat  まあいっか! 今日の宿は蓼科なので・・・Photo
小布施町は植栽とお花がきれい。 町全体、つまり町民が一体となって、お庭を公開されている。立派な塀で囲って観光客を近付けない何処かとは大違い。 同じ観光地でも180度ズレている。 本当に観光客に来て欲しいのか?そうでないのか?明確だにゃんcat
まあ、それより、美味しいご飯が楽しみだにゃんcat  
席は空いていた。 ウエルカム姿勢の小布施でも苦戦しているみたいだにゃんcat
席に着いて、早速、いつものお昼ご飯を注文! サービス係の若い女性は良く訓練されている。 月替わりのお料理は順に運ばれて来て、季節を感じさせるものです。Photo_2
優しいお味は、やはり土井善晴先生のプロデュース。デザートはお得意のお餅を使った粽をセレクトしました。 当然にご飯はお替りしたにゃんcat  私達には適量のランチでした。小布施のゲストハウスに泊まった時にはディナーは「蔵部」へ行ったことがある。キッチンの雰囲気を、シュフ光子はお気に入りでした。 今日のディナーは蓼科のリゾートホテル。
 ランチのみで小布施を後にした。 時間があれば「北斎館」に行きたかったにゃあcat
上越道に戻って、70kmで諏訪湖畔からビーナスラインで蓼科に入った。 例の若者が頑張っていたパン屋さんは元気かにゃあcat イングリッシュ・ガーデンはどんな様子かにゃあcat たてしな自由農園はどんな野菜を扱っているかにゃあcatって考えながら、蓼科高原を上がって行った。 ここでは新婚旅行と銀婚式で使った美術館のあるホテル(旧ホテルビラ蓼科)とか、近々には秋深い時期に利用した「東急リゾートホテル」、知人の紹介で来た「ホテルハイジ」等馴染みの地で、今回は初めて利用することになった「蓼科グランドホテル滝の湯」は温泉が楽しみだったので、早い目に到着。  初めてのホテルだったが、第一印象はホテルの建物の下が大きな谷川で豊富な水が流れていた。 これって、「コルビジェ設計の住宅」といっしょだにゃんcat  シュフ光子と同じタイミングで感動・・・。Photo_5
平日のこの時期なのにパーキングは車で溢れていた。
早速、チェックイン手続きは若くない女性だったけど、スムーズで印象に残った。
部屋は和室だったけど、ゆったりしていた。ウエルカムドリンクを頂きに、ロビーへ行くと、大きなガラス越しの目前に岸壁が聳えていた。 気分が落ち着いたところで、ビュッフェの夕食前に温泉へ浸かることにした。 ゆったりと小一時間を過ごせた。
7時30分のディナーは賑やかで、温かいメニューは並んで、シュフ光子と手分けしてテーブルまで運んだ。飲み物はシュフ光子の好きな「氷結・・・」シリーズにした。 温泉で温まっていたので・・・ ビュッフェで多種のメニューをチョイスした。特に若鮎の串焼きが気に入ったにゃんcat 適度な酔いと満腹感で、部屋に戻って、バタンキュー! 馬場のぼる作「11匹のネコ」状態だにゃんcat
早朝に目覚めて、温泉へ一目散。 それも露天風呂は本館からは遠かった。長い通路と専用エレベータを使って・・・車いすとか高齢者は大丈夫か? 
露天風呂は「棚湯」と命名されているだけあって、棚田状態の温泉。天気も良く、目前の森林を眺めながら、ゆったりと堪能したにゃんcatPhoto_4
*残念ながら、温泉の写真はありません。(カメラ持ち込み禁止のため)
7時30分の朝食時間を守って行くと、レストランはFULL状態。 ???
時間前に大人数並んだので、早い目にOPENしたにゃcat 
担当のスタッフに席を案内して貰って・・・
朝食はシュフ光子と作戦を立てて、和食で・・・と決めてメニュー集め。 長野だけど、お魚料理は美味しかったにゃんcat
10時のチェックアウトは混むと聞いていたので、9時過ぎにチェックアウト。
荷物を積み込み、ホテルを後にした。 車の通りに出たところにバス停があって、昨日にチェックイン手続きをしてくれた女性がバス待ちをされていて、にゃんこを憶えて呉れていて、手を振って呉れ、車が見えなくなるまで手を振り続けてくれた。勿論、にゃんこも手を振り続けた。 これって、民泊で来た学生の見送りシーンと同じだにゃんcat 
ちょっと嬉しかったにゃんcat これって、「おもてなし」の形だにゃんcat
帰路は今回の旅の目的でもある食材調達・・・Dsc09992
たてしな自由農園(新しくなって立派になっていた・・・残念なのは1次産品が減っていて、3次産品が中心になっていたこと)
そして、中央道の伊那ICで途中下りて、食材調達のメインにしている「グリーンファーム」で多くの野菜とお花をシュフ光子が買ったにゃんcat  にゃんこは何度かに分けて、レジと車への積み込みに勤めたにゃんcat
再度、中央道、伊那ICに入り、次回はいつ信州を来れるか? 今まで来れていない夏か、やはり秋深い頃か、出来るだけ珍しい野菜、本当に美味しい野菜を求めて訪れたいと思っています。この木曽駒ケ岳の雄姿とお別れし、恵那トンネルを抜けて名古屋方面に向かった。Dsc09997
 今回は早い時間帯で行動したので、いつもは暦が変わるくらいの帰着が、今回は日没くらいに帰着となった。

« 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 1 | トップページ | 「広重ー雨、雪、夜」展に行きました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほぼ以上の目的完遂の様子良かったですね! 中央道も上越道も長く走ってないわ、女房殿の両親が亡くなり上越に行く用事が無くなった。上越の実家の寺も留守番をしていた義理の姉さんが脳梗塞で倒れ京都の施設に入っている。で空き家状態か続いている。一度のんびりドライブしてみたいなぁぁぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/66782190

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 2:

« 久しぶりの信州へ・・・ Vol. 1 | トップページ | 「広重ー雨、雪、夜」展に行きました。 »