2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 月と金星のランデヴー(ちょっと古い表現?) | トップページ | 念願の六甲山へ紫陽花を貰いに行きました »

2018年7月 1日 (日)

梅雨が,まだ明けない季節

飛鳥では田植えがほぼ終わりました。 
この時期には、登ることの少ない甘樫の丘の上から、晴れ間を狙って写真を撮りたいと思っています。 こんなにのんびりとしたことを言うていられるのは有難いと・・・
 今、全国各地では、梅雨開け前の、この時期に、異常気象と言われている線状降水帯での集中豪雨や竜巻が発生している様子を知ると、人は自然と戦えない。折り合いを付けながら、生きることなのだにゃんcat20186
また、人と人とのトラブルも難しい。やはり折り合いを付けて、生きることなのだにゃんcat近々に出会った不幸な出会いです。選べる出会いと選べない出会いがありますが、極まれですが、選べない不運な出会いをしてしまった。 例えば運悪く「地雷を踏んでしまった」という感じです。
このような出会いには、心に傷が残りますにゃんcat  でも私達には元気を頂ける方との嬉しい出会いが殆どです。 本当に感謝だにゃんcat20186_4
ちょうどこのタイミングで「夏越しの祓」という行事で、茅の輪を潜り、罪や穢れを祓うことが出来ました。すっきりした気持ちで、新たなことにチャレンジしていきますにゃんcat

私たちの原動力の一つである、野菜とお花の入手が難しい時期に入りました。 立派なお野菜やお花を集めている訳ではないにゃんcat
普通のお野菜とお花でいい。 頑張って、作って下さる方々の力を借りて、集めています。20186_3
 そう言っている時に、六甲山で仕事をする友人から、「今年も紫陽花の季節になったよ」って連絡を頂いた。
 今年はどんな紫陽花に出合えるか? 紫陽花は毎年、違うので、楽しみだにゃんcat
 六甲山での様子も、例年のように、このブログで記したいと思います。是非、覗いて見て下さい。
 そして、頂いた紫陽花は店内で見て頂けるようにシュフ光子が飾ってくれると思います。
 それも全てはご縁のある方に喜ばれる食事と時間を提供することに尽きます。

« 月と金星のランデヴー(ちょっと古い表現?) | トップページ | 念願の六甲山へ紫陽花を貰いに行きました »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

避けられない幸・不幸との出遇い。私達は「縁」と言ってます。よって成り立つ。世の中のものすべて一つでは成り立たない、つながりを持って成り立っているという見方ですね。自分に都合のええのが順縁、悪く見るのが逆縁、自己中にしか見れない悲しさですかね。
いっぺん顔見に行きますわ!

いつもコメントをありがとうございます。
二度と出会いたくない縁は茅の輪を潜ったことでブッタ切りました。
塩も撒いておきたいけど、フランス製の塩なので、勿体ないにゃんcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/66885598

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨が,まだ明けない季節:

« 月と金星のランデヴー(ちょっと古い表現?) | トップページ | 念願の六甲山へ紫陽花を貰いに行きました »