2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 梅雨が,まだ明けない季節 | トップページ | 布施明JAZZライブへ・・・そして台風12号が迫っている  »

2018年7月15日 (日)

念願の六甲山へ紫陽花を貰いに行きました

毎年、六甲山上に咲く、紫陽花を貰いに行きます。
友人で六甲山ケーブルで仕事をしているT君から、紫陽花のベストシーズンを教えて貰って、私たちの仕事が休めるタイミングを図って・・・
今回は一昨日にT君から「休みが取れるのでどうでしょうか?」との話で、乗っかりました。
尚、念のために、紫陽花を欲しがっているのはシュフ光子で、にゃんこではないにゃんcat
専属運転手のにゃんこにとっては、休みには休めないのだにゃんcat
 当日の待ち合わせはT君の自宅近くでした。 ちょうどお昼ごはんのタイミングだったので、「何か美味しいところを探しておきます」とのことで、楽しみにしていたにゃんcat
待合場所は神戸の新長田です。 Photo 2号線沿いで合流しました。 近くのパーキングに車を入れて、歩いて、すぐのところに、昔からのお好み焼き屋さんで、「青森」という店でした。何で青森かは聞きそびれました。 店内にはいると、昔からのイメージだったにゃんcat 私たちは鉄板の前に座らないで、焼いて貰う席に着きました。 にゃんこはあまりレアーなものを頼まないので、定番「豚玉」にしたにゃんcat T君はお好み焼き以外に「蕎麦飯」を注文してくれた。 そして、お好み焼きに、よく合う「リンゴ水」を頼んでくれた。懐かしい味がして、ちょっと嬉しかったにゃんcat
味は濃厚なソースが決めていたようで、美味しかったです。それぞれを楽しんで、お腹いっぱいに・・・
 こんな時は割り勘が多いのですが、自分のおすすめなのでと、T君に奢って貰いました。ちょっと、嬉しかったです。
他にも、こういうコアーな店が多いところなので、今度は別の処を案内しますとのことでした。 楽しみだにゃんcat
そして、T君の案内で六甲山へ向かいました。先日の豪雨の影響で、通常ルートは通行止めになっているとのこと。唯一、裏六甲のルートで頂上へ向かいました。
途中、篠原台という高級住宅街がありました。ここはかなりの急斜面を利用して、海側の景色、特に夜景は最高です。しかし、今回の豪雨では一部で斜面が崩れて大きな被害が出ました。平常時は住環境としては良くても、時に自然は牙を剥く場合があります。大切な住まいを決める時は良く考えないといけないと思うにゃんcat
そこを過ぎると、六甲ケーブル下の駅が有って、その横を六甲トンネルに向かって急斜面の道路を上がり、ハンドルを持っていると下の素晴らしい景色を楽しむ間もなく、トンネルを抜けて、裏六甲から六甲山の尾根道に出た。2018
そして、T君の案内に従って、紫陽花を求めて・・・ 少し走っては車を停めて・・・ しかし道は狭くてカーブが殆どなので、安全を配慮して停まる場所にも苦労するにゃんcat 只、通行止めが幸いして、通行する車の量は少なかったにゃんcat
シュフ光子は紫陽花の色に拘りがあって、探したが、毎年、紫陽花の状況は変わります。いつものブルー系から予定を変更して、ピンク系もターゲットに入れて、またガク紫陽花は除外していたが、T君のお勧めで、今年はガク紫陽花のブルーが綺麗と、採取したにゃんcat  気付けばトランク一杯の紫陽花になっていた。
Photo_2 六甲山のメインストリートにある「六甲山ホテル」が閉館となっていたのにはびっくりしたにゃんcat 子供が小さい時は宿泊して、道向かいの建物で夜景を見ながら、バーベキューでディナーを楽しんだ。 また近々では、神戸の病院にお世話になっていた時は検査の時は前日から、ホテルに泊まったこともあった。阪急系の経営から別のリゾート系に変わって、リニュアルの準備中でした。特に好んで泊まった旧館が、どのようになるか分からないが、思い出が蘇って、少し、寂しい気分だにゃんcat
シュフ光子は紫陽花のことを考えると、急いで持ち帰りたいとのこと。T君の自宅近くまでお送りして、お礼を言って帰路に着いた。
途中、時間が遅かったが、折角、神戸に来たのだから、美味しいパンを買って帰りたい。大丸前にあるお店に寄ると、閉店前の時間帯で、仕事帰りの女性たちで店内が溢れていた。要領を心得ているシュフ光子は短時間に、買い込んで、道路が混雑している店前に停車して待っているにゃんこの元に、パンのいい匂いがした袋を抱えて戻って来た。
袋から取り出したメロンパンをにゃんこが咥えながら、阪神高速入口にレッツゴーrvcar
いつもより時間帯が早いので心配したが、高速は空いていた。こういう時にいつも困ることがあります。紫陽花には虫や蜘蛛等の住人?がいます。除外している間もないので、そのまま車に乗って来ます。案の定、室内側のフロントガラスで、運転の視界を妨げてくれるバッタ?がいました。 すぐに放り出すのは忍びないので、飛鳥まで連れて帰りましたにゃんcat 多分、2~3日後には車内に蜘蛛の巣が張ってくれていることでしょう。本当は、これって、それらの先住民に怒られることなんやにゃあcatDsc00177

« 梅雨が,まだ明けない季節 | トップページ | 布施明JAZZライブへ・・・そして台風12号が迫っている  »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

うわぁ! 紫陽花って色々な色が有るんや! 綺麗ですね!
こうして盛ってみると見応えがあるね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/66939304

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の六甲山へ紫陽花を貰いに行きました:

« 梅雨が,まだ明けない季節 | トップページ | 布施明JAZZライブへ・・・そして台風12号が迫っている  »