2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ニュース

2015年9月27日 (日)

独VWのディーゼルエンジン排気ガス数値の偽装に

機械大好きにゃんこにとっては大ショックだにゃんcat

にゃんこの趣味の範囲でも「Made in Japan」よりはドイツ製を信頼していた。

カメラのLeica や 時計のツェッペリン、ジン(時計は日本かな?) 万年筆のモンブラン、ペリカン。

そして今回話題の車のポルシェ、BMW、そしてVW。 世界の模範となっているドイツの精密工業製品は憧れの的なのだ。 

そんな中、独VW(フォルクス・ワーゲン)がディーゼルエンジンで排気ガスの測定において、意図的に偽装を行ったことは本当にがっかりだにゃんcat  Hiブランドは信頼によって成り立っている。 それを裏切る行為は許せないし、他の工業製品やメーカーへの悪影響もないとは言えない。 そして、それはドイツ製品だけではない。 他国の製品までも大丈夫か? って疑われる。

にゃんこがなぜ、このニュースに反応したかと言えば、個人的な意見だけど、車のエンジンではディーゼルエンジン(ターボ付き)をかっている。 それは燃料消費、トルクが大きい、燃料の市場価格が安い等の優れた面と、走りが楽しくストレスがない上に、燃費負担が少ないことを評価して、現在使っているのはMAZDAのCX-5(4WD)だにゃんcat クリーンディーゼルとしてエコなエンジンの評価をされている。 MAZDAからは正しく評価されているとのコメントがあって、安心しているけど・・・本当に大丈夫かにゃあcat Dsc04420

2015年5月22日 (金)

やっと買い換えたいと思えるロードスターが出た

20日にマツダから新型ROADSTER(4代目)の発表会があった。

だいぶ前から、マツダのセールスマンから、新型のカタログを貰っていて、受注も行われていた。 なので、何で今が発表会? 

因みににゃんこの愛車は初代ユーノスロードスター(NA6CE) 平成5年式のVスペなのだにゃんcat 走行距離は81.000km余りで、大切に乗っている。 改造が当たり前のロードスターですが、どノーマルです。唯一、フロントにタワーバーを取り付けているくらい。 塗装は購入当初のままですが問題は無い状態です。(ワックスを掛けて磨き倒すと持たないと信じているので)Dsc03404

定期的にエンジンオイルとプラグを交換するくらいのメンテナンスで、調子は悪くない。 相変わらずの素敵なエキゾーストノートと、コーナリングは考えた通りのラインをピシって決めることが出来る。 乗っていて、こんなに楽しい車は他にないにゃんcat

だから、22年間も乗り続けてきた。 その後に出たロードスターははっきり言って、車重がネックで、排気量をアップすることなんて、何の魅力も無かった。加速が良くなるくらいで・・・   だからロードスターの新車が出ても、何の興味もなかった。唯一の不満はヘッドライトが、最新に較べて暗い。 この点は老にゃんこには辛いにゃんcat

でも、今回の4代目はちょっと違う。 にゃんこの血が騒いでいる。 最もベーシックなタイプで、車重が1tを切っている。 そして、排気量も初代の1.6Lから、下げて、1.5Lなのだ。

これはマツダも本気で、原点回帰をしたにゃcatImg009

試乗したら、ヤバイにゃcat  初代からの25年はシャーシやエンジン技術は飛躍的進んでいる。その上で、車重を初代並みにしたのだから、走りは想像出来る。 初代と同様に人車一体の感覚で走れるのなら、欲しいにゃんcat  只、唯一残念なのはヘッドライトがリトラタブルではないところ。(安全基準で、今は認められないらしい)Img011

シュフはいつも言ってくれる。 「にゃんこちゃんの最後の車はポルシェにしてあげたい」って・・・  うぅ・・うぅ・・嬉しいにゃんcat   でも、その前に、今回発売された新型ロードスター(ND)を 買って・・・買って・・・


*新型ロードスターの画像はマツダのカタログを流用しました。

 

 

2014年3月17日 (月)

昨夏、南房総に伺った同窓のログハウス・・・その後

昨年、8月9日のブログで記事とさせて頂いた南房総で2つ目のログハウス建築にチャレンジしておられるHさんご夫妻から、近況が届きました。特に、このブログを覗いてもらっている同窓の皆様には是非に伝えたいので書きました。20140311125334
このログハウスを建築中のご夫妻は福島原発の近くで第二の人生を過ごすべく、ログハウスを材料の購入から建築までの全てのプロセス(基礎以外)をお二人の力のみで完成させ、幸せな生活を送っておられたのですが、予期せぬ3年前の東日本大震災による福島原発の事故にて、まさに天国から地獄のような体験をされました。その時のログハウスは今も残されたまま、多分、あまりにも近過ぎたこともあって、戻れる見通しはまったく立っていません。
しかし、幸せな生活をもう一度・・・と勇気を奮われて、まったく同じログハウスを建設中なのです。「震災や原発事故には負けておれない」という強い生き方には同年代としてにゃんこcatも感動です。本当に頑張って、ここまで来られましたことに応援をしたくて、同窓の皆様にも是非、お知らせしたかったのです。そして心よりの声援をお送りいただければと思います。

画像(Hさんのご主人様提供)のように、先日には屋根が完成し、風雨からやっと凌げる状況になって、少しほっとされています。「これからは水周り等の生活に必要な内部の工事に入れる」とのことです。そして年内には住めるようにしたいと頑張っておられます。

20140311164256

尚、同窓でHさんに連絡を取りたいけど連絡先が分からない方は、このブログにコメントを下さるか、もしくは「あすかの食卓」にお電話を下さい。

2010年11月12日 (金)

尖閣諸島問題で思うこと

尖閣諸島の事件映像がyoutubeに流出した問題で、根底の問題としては、国としては領土問題の方が重要だと思うが、報道されているのは、事件映像を流出した問題の方が大きく取り上げている。P5082043

にゃんこがお勤めを終える直前まで、某大学で勤務していた。最後の仕事として、情報処理部門を任されて、特に取り組んでいたのは「情報セキュリティ」。組織における情報の扱いは、特に情報のネット利用が推進されるに従って、情報を扱う権限やルールを定めたり、罰則規定を設けたり、情報の漏洩をしない仕組み作りが必要だ、と取り組んでいた。

しかしこう言う問題は、実際に問題が起きないと、なかなか必要性を認識されず、理解を得難いことで苦労した。おそらく、今回の海保でも同じような状況にあったと想像出来る。

問題が起きたら考える。ちょっと前の地検特捜部検事のデータ改ざん事件のことも浮かんでくる。

P5082047 今はそんなことを一切捨てて、Cafeの仕事をシュフ光子と楽しくやっている。今まで、サービスをして貰うことはあっても、サービスをした経験はまったくない。しかしシュフ光子をサポートしなければ、という思いだけで、サービスの仕事を緊張しながらやってきた。また慣れない仕事だが、もたもたしながらも一生懸命にやっている。そのことが、結構、皆様にご理解頂いて、好意的に受け止めて頂いていることに本当に感謝しているし、今、こうして元気に、やっておられることの励みになっている。

最近は少し余裕が出来てか、コミュニケーションの楽しさが少し分かり掛けてきた。常に謙虚で、「おもてなしの心」を大切にして、シュフ光子を助けて行こうと思っているにゃんこです。

P5082049 注目されている問題で、思わず、昔のことを思い出した。情報セキュリティは重要な仕事だけど、にゃんこにとっては、Cafeのサービスは同じほど重要で難しい仕事。どうすればお客様が快適に過ごして頂けるか?日々反省だけど、まずは同じミスはしないこと。

にゃんこは呆けている間がありません。でも困っていることがある。それはスポーツジムになかなかうまく通えない。今まで2日に一度は行けていたが、今は一週間に一度行ければ良い方。このことはシュフ光子も気に掛けてくれてるんですが・・・・・