2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カメラ

2014年5月28日 (水)

レンズアダプターで遊んでみました

少し前に奈良と加茂の境で、長いお付き合いの「アンティークショップ・燕」さんへ久しぶりに寄りました。オーナーはYさんという若い男性で、頑張っています。
シュフ光子は器とか家具に興味があるので、「にゃんこちゃん、久しぶりに寄ろうか?」との提案で、伊賀焼へ行った帰り道、和束経由での寄り道。
 久しぶりだったので、Yさんと話し込んだが、視界の隅にカメラが見える。「CANON FT」のF1.2 55mm付きだ。 マニュアル一眼レフで、若かれし頃は買えなかった。
Dsc06961

今から55年前、カメラに興味を持ち始めて、母に無理を言ったら、叔父に無理をお願いしてくれて、ミノルタ35という当時は高級機だったレンジファインダーを借りてくれて、、真菅まで近鉄特急の写真を撮りに行った。カメラ小僧と鉄カメの始まり。その後、どうしてもマイカメラが欲しくなって、母にまた無理を言ってキャノネットを買って貰って、景色を中心に写真を撮った。その頃は当然、モノクロ写真で、八木西口駅前のN写真店にお世話になった。そして、高校生になってから、桜井のレコードとカメラ店を営むF社へ、叔父の紹介で冬休みにアルバイトをするようになって、そこの店員さんが、カメラをペンタックスからニコンに買え代えるので、このペンタックスS3(標準レンズと望遠レンズ付き)を買わんか? 一眼レフなんか、高値の花として見ていたにゃんこに中古だけど、入手のチャンスが突然に訪れた。この機会を逃したら・・・

バイト代と母に足して貰って、初めて一眼レフを手にすることが出来た。 嬉しかったにゃんcat  もう、この頃はカラー写真の普及が始まった。今は凝りに凝って、手持ちのカメラは数えられませんHi ! コンパクトから中判まで、メーカーも跨いで・・・一番高価だったのは東京で買ったライカM3とズーミクロンです。防湿保管庫に眠っています。

昔話が長くなりました。 目の前にあるカメラの値段は2,000円。 値段もびっくりだけど、付いているレンズ(F1.2 55mm)の状態が、すこぶる良いのだにゃんcat 普通は傷があったり、レンズ内部にカビが発生していたりしているが、余程、保存状態が良かったみたい。今のにゃんこには本体はどうでも良いが、このレンズは欲しい。「これ貰っていい?」 

これを持ち帰って、レンズを眺めていると、レンズが「使って!」って言っている。新しいCANONのデジカメ(持っているのはD30)はないが、唯一、新しいCANONの初ミラーレスである「EOS M」のEFレンズアダプター付きを持っている。早速、ネットでEOS-FD/FLアダプターを探した。3,000円ほどの物がアマゾンで見つかり、即発注。 アダプターとしては安物だけど、衝動買いで、それでも使いたいレンズよりも高くついたけど、使ってみたいという衝動が勝ったにゃんcat

1週間ほどで、待ちに待ったレンズアダプターが中国から届いた。早速、EOS Mに2種類のアダプターを介して、レンズをマウントした。本体のコンパクトさに較べて、レンズが重い。それだけ、この頃のレンズはしっかりとした作りになっている。新しい普及タイプデジカメの本体とセット物のレンズのように、レンズも本体も樹脂製とは別物。

アンバランスだけどカッコイイにゃんcatDsc06963

下の写真は試し撮りをしたものです。もちろん、ピントは手動になります。安物なので、時々接触が不安定になりますが、どんな写真になるのか?楽しみに撮ってみました。

ピントが甘いのは年齢のせいでお許し下さい。Img_0268 今や、老にゃんこはオートフォーカスが頼りなのだにゃんcat






Img_0271










Img_0309










Img_0313

2012年11月28日 (水)

珍しいデジカメを入手

にゃんこはいつも珍しいものを探している。MONOマニアなのだにゃんcat
今回は京都で見つけてしまった。どうしても気になるのはキーワードが「ネコ」
「nekono digital camera」というパッケージで変わったネコのデザインが描かれていた。スエーデンのデザイナー「リサ・ラーソン」のネコだにゃんcatDsc09410
トイカメラにしては値段は一人前。普通のデジカメが買えるにゃんcat でも気になる。これは買ってしまうしかない。MONOマニアの性だにゃんcat
以前のブログで、MINOX製のデジタルカメラ「Laica M3」を買って、それで撮影した画像をお見せしたことがあった。
今回のネコデジカメはカメラの格好はしていない。この小さな目がレンズになっている。そして一切のカメラとしての調整が効かない。ほんまにこんなんで撮れるんかいにゃ?cat
しかし機能は一人前。保存のデータカードはマイクロSDHCで16GB対応。オマケに動画やセルフタイマー付きときている。そのことが尚、MONOマニアとして刺激された。
そして連れて帰って撮った画像がこれだにゃんcatPict0025



Pict0030 まさにトイカメラらしい写真が撮れたにゃんcat







今度はお越し頂いたお客様の記念写真をこのネコデジカメでお撮りしようかにゃんcat
きっと喜んで頂けるかにゃんcat

2010年8月 7日 (土)

珍しいデジカメでCafeを撮ってみました

随分前に購入したまま、眠っていましたデジカメ(MINOX Leica M3 2.1)を久しぶりに見つけて、Cafe内の棚に置いていましたが、どんな写りをするのか?試そうと思ってシャッターを切ってみました。本体はこんな物です。

Dsc04906

撮った画像はこのような風に映りました。ちょっとレトロぽい雰囲気が案外気に入って、時々使って見ても面白いかと思いました。最新のデジカメは本当に性能が良く、キレイに撮れて、ピントや露出は撮影後の修正はほとんどしなく済みます。でも何か物足りなさを覚えるのは私だけでしょうか?その何かは表現することが難しいのですが、一言で言ってしまえば「味」としか言いようがありません。宜しければコメントで突っ込んで見て下さい。Icam0022 Icam0019 Icam0016

Icam0014